[ティンクティンクのコラムユイヤサ!](32) 我那覇セイラ 当たり前など無い。先日、本島北部を訪れたときに、そう実感させられました。 見慣れていたブルーの海が、乳白色の軽石に覆われていました。