県社会福祉協議会(湧川昌秀会長)と日本青年会議所(JC)沖縄ブロック協議会(新里裕樹会長)は24日、県内での災害時に社協が運営する災害ボランティアセンターを支援するなど、災害協力の協定を初めて結んだ。  JCは災害時、社協の要請に応じてボランティアや、重機を扱う専門技術者を派遣する。