新型コロナウイルスの治療に当たる医療従事者への感謝を込めて、食品メーカーなどでつくる「県健康産業協議会」(うるま市)の幹部が17日、県庁内の県病院事業局を訪れ、県立の北部、中部2病院向けに100万円相当の商品目録や感謝のパネルを贈った。