国内の労働市場はコロナ前から多くの課題を抱えていた。労働力人口が減少する中、政府は2018年6月に「働き方改革関連法案」を可決させ、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現に向けて取り組んでいる。  また、高齢者の就労を促進する高年齢者雇用安定法を改正。