米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイから金属製の水筒が沖縄県宜野湾市野嵩の民家玄関先に落下した23日の事故は、沖縄県警の捜査対象にならない。日米地位協定の特例で航空法89条(物件の投下)の適用が除外されているためだ。