【国頭】大量の軽石が漂着し漁船が出港できない状態が続く国頭村の辺土名漁港で、県北部農林水産振興センターは25日、軽石流入を防ぐ汚濁防止膜を開閉式のものに切り替えた。長さ160メートルの膜で、中央部分の約20メートルが開閉式になった。