沖縄県の謝花喜一郎副知事は26日午後、外務省沖縄事務所の橋本尚文沖縄担当大使と沖縄防衛局の小野功雄局長を県庁に呼び、米軍普天間飛行場所属MV22オスプレイから金属製の水筒が住宅地に落下した事故と、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)にオスプレイなどが飛来したことに抗議した。

オスプレイからの水筒落下と、那覇港湾施設での米軍機の運用を巡り、小野功雄沖縄防衛局長(中央)に抗議文を手渡す謝花喜一郎副知事。左は外務省沖縄事務所の橋本尚文沖縄担当大使=26日、県庁

 謝花氏は今年8月にもオスプレイから部品が落下していることなどを挙げ「県民の米軍に対する不信感や怒りは、ますます高まっている」と批判。

 那覇軍港への米軍機の飛来には、本来の軍港の使用目的に反していると指摘し「状態化が懸念され、県民にさらなる基地負担を強いるもので決して容認できない」と反発した。基地や施設の使用条件を定めた「5・15メモ」で那覇軍港の主目的は「港湾施設および貯油所」とされている。

 橋本氏は水筒の落下を受け「米側に原因究明や再発防止、さらなる情報提供を申し入れている」と説明。

 小野氏は基地や那覇軍港への飛来に関し「米軍の活動が、主目的としての形態に反するものでない限り、同施設への航空機の着陸は排除されるものではない」との認識を示した。