海底火山噴火の影響とみられる大量の軽石が沖縄県内に漂着している問題で、26日までに新たに石垣島の海岸でも軽石の漂着が確認された。大東島、沖縄本島、宮古島、石垣島と順を追うように見つかり、県内全域に軽石の漂着範囲が拡大。石垣市や竹富町、八重山漁協が県と連携して対応策を検討するなど警戒を強めている。

先島周辺の軽石の漂流確認地点

石垣島の海岸で漂着が確認された帯状に延びた灰色の軽石=26日、石垣市伊原間

先島周辺の軽石の漂流確認地点 石垣島の海岸で漂着が確認された帯状に延びた灰色の軽石=26日、石垣市伊原間

 漂着していたのは石垣島の北部に位置する市伊原間の東海岸。近くで宿を営む安倍力さん(53)が25日、帯状に延びる細かい黒石を見つけ、軽石に詳しい環境ガイドの大堀健司さん(54)に連絡した。翌26日に大堀さんが現場を訪れ、噴火による軽石だと確認した。

 大堀さんは「このタイミングでまとまって漂着している」と、火山由来であることを強調。その上で「これから大きい石が来る可能性がある」と指摘した。

 石垣市は同日、連絡を受けて軽石であることを確認し、すぐに県など関係機関と情報を共有した。今月18日の八重山地区対策協議会で対策の検討を始めており、「状況に応じて協議会を招集する」としている。

 第11管区海上保安本部が26日、航空機で上空から確認したところ、軽石は石垣島南方沖11キロ付近の海域などでも帯状に漂流しているのが確認された。同本部によると石垣島沿岸の海域での漂流は初めて。付近を航行する船舶に対して注意を呼び掛けている。

 大量の軽石が海を覆えば漁業や島々へのフェリー運航に影響が及ぶ。八重山漁協の担当者は「心配している」と話し、町の担当者は「危機感を持っている」と述べ動向を注視している。