2016年8月、沖縄防衛局から伊江村への工事着手の連絡は2日後だった。着工はその日に報道もされていたのにだ。村に計画の情報もない中で始まった工事とは米軍伊江島補助飛行場の着陸帯の改修。面積は約2倍になりF35戦闘機の駐機場整備など機能強化は明らかだった

▼本紙は14年にこの計画を報じた。翌年には...