[辺野古 不承認の裏側](上)

 「政局は意識しない」

 玉城デニー知事は「不承認」審査の過程で、周囲にこう考えを伝えていた。 

 法律に基づく審査を重視し、不承認のタイミングは当初の10月末から約1カ月ずれ込んだ。25日は知事の「デッドライン」(県幹部)だった。

 知事側近の一人は来年秋の知事選を見据え、不承認を10月の衆院選や1月の名護市長選に向け「効果的なカード」として使用するべきとの考えを...