自民党の茂木敏充幹事長は27日、就任後初めて沖縄県を訪れた。那覇市内で開いた県連幹部との会合では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市で、来年1月に市長選が実施されることに触れ「参院選と県知事選も重なる年だ。しっかり勝利していきたい」と述べ、自民が推す候補の当選に向け全力を挙げる考えを示した。

 沖縄県名護市内を視察し、記者団の取材に応じる自民党の茂木幹事長(手前)=27日午後

 玉城デニー県知事は、名護市辺野古への移設計画を巡る設計変更を不承認とした。政府は速やかに対抗措置を取るとみられ、普天間移設を巡る政権と県との対立激化が必至だ。

 会合で茂木氏は、参院選や県知事選の候補者選びを加速させるよう要請した。(共同通信)