学校図書館と一口に言っても、その実情はさまざまです。帝京大の鎌田和宏教授によると、次の五つのレベルに分類されます。(1)鍵のかかった倉庫(2)時々使われる(3)常に司書がいて子どもが通う(4)教員も読書活動でよく使う(5)あらゆる教科の授業で使われる-。