自民党の茂木敏充幹事長は27日、就任後初めて来県した。自民党県連との意見交換会では、名護市辺野古の新基地建設に伴う変更承認申請を不承認とした玉城デニー知事の判断について、沖縄関係予算に影響しないとの認識を示した。来年1月の名護市長選では、現職の渡具知武豊氏を支援する方針を確認した。