防衛省が米軍普天間飛行場の移設先となる名護市辺野古沿岸部に軟弱地盤が広がる懸念を2015年4月に業者から指摘されていたことが、情報公開請求に基づく文書で判明した。