財務省は26日の衆院予算委員会の理事懇談会で、18歳以下の子どもへの10万円相当給付に関し、現金とクーポンで10万円を給付するのにかかる事務経費が1200億円となり、現金で一括給付するより900億円高くなると説明した。立憲民主党の後藤祐一衆院議員が終了後、記者団に明らかにした。