【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は27日、フィンランドのルカで個人第3戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が合計324・5点で今季初勝利を挙げた。複合男子の荻原健司と渡部暁斗(北野建設)を抜き、スキーの日本男子で初めてW杯通算20勝に到達した。

 スキーW杯ジャンプ男子の個人第3戦を制し、表彰台で「サンタクロース」と記念撮影におさまる小林陵侑=27日、ルカ(AP=共同)

 W杯ジャンプ男子個人第3戦で今季初勝利を挙げた小林陵侑。スキーの日本男子で初めてW杯通算20勝に到達した=ルカ(共同)

 スキーW杯ジャンプ男子の個人第3戦を制し、表彰台で「サンタクロース」と記念撮影におさまる小林陵侑=27日、ルカ(AP=共同)  W杯ジャンプ男子個人第3戦で今季初勝利を挙げた小林陵侑。スキーの日本男子で初めてW杯通算20勝に到達した=ルカ(共同)

 小林陵は1回目に138・5メートルを飛んで2位につけ、2回目に最長不倒の143メートルをマークして逆転した。佐藤幸椰(雪印メグミルク)は10位、中村直幹(フライングラボラトリー)は14位だった。(共同通信)