題名そのまま、クモの糸を使ってバイオリンの弦を作成し、実演を可能にした研究成果の過程を綴(つづ)った本である。 クモの糸に着目し、この成果を成し遂げるまでにかかった時間がなんと40年。