真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で、宗祖親鸞の命日に当たる28日、僧侶たちが体をダイナミックに揺らしながら念仏を唱え、親鸞をしのぶ「坂東曲」が行われ、約900人が参拝した。

 僧侶が上半身を揺らしながら念仏を唱える東本願寺の「坂東曲」=28日午前、京都市

 午前10時半すぎ、境内の御影堂で、親鸞の木像を前に約30人の僧侶が上半身を前後左右に大きく揺らしながら、独特の節回しで「なーむあーみだーぶ」と繰り返した。

 坂東曲は、親鸞をしのぶ8日間の法要「報恩講」の締めくくり。由来は明らかではないが、流罪となった親鸞が現在の新潟県へ流される途中、嵐に揺れる船上で念仏を唱えた姿を再現したという説もある。(共同通信)