27日午前8時20分ごろ、沖縄県うるま市栄野比の「具志川ゴルフクラブ」で、「犬が徘徊(はいかい)している」とスタッフから消防に通報があった。

(資料写真)パトカー

 消防からの連絡を受けたうるま署の署員が現場に駆け付けると、シェパード風の大型犬が、ゴルフ場内の池から出られなくなっているのを発見した。署員はロープで輪を作り、それを犬に掛けて池から救出した。

 救出後、市役所職員が確認するため犬をロープで木につないでいたが、午前9時40分ごろ、犬がロープを振りほどいて逃走。その後署員らが探しても見つからなかったという。

 同署によると、犬は雄で体高約60センチ、色は黒と茶でで、首輪は付いていなかった。同署は「似た犬を見掛けたら通報してほしい」としている。