北谷町出身の三線アーティスト、よなは徹による歌会シリーズ「第七回つる語る~絃が語る晩秋の音楽会~」が6日、東京の紀尾井ホールであった。  同シリーズは関東圏でも活動するよなはが「多くの人に琉球古典音楽の魅力を伝えたい」と“沖縄の小さな寺の音楽会”をコンセプトに2015年からスタート。