こわもての男たちがずらりと並び、怒号が飛び交ったかと思えば、銃声が鳴り血しぶきが上がる-。「やくざ映画」と聞いてこのようなイメージを思い浮かべ、敬遠してきた人も少なくないはず。実際、コンプライアンスの問題もあり、新作は減っているという。