【沖縄】沖縄市料理飲食業組合(當山康司組合長)は29日、沖縄ステーキでコザを盛り上げようと、コザを「ステーキの町」とし、「いい肉の日」の11月29日を「ステーキの日」と宣言した。29日夕、ステーキのおいしさをアピールするセレモニーを、沖縄市役所前で開いた。

「ステーキの町」「ステーキの日」宣言のセレモニーで、ステーキを焼く沖縄市料理飲食業組合の組合員と、買い求める客=29日、沖縄市役所前

 沖縄市とステーキを巡っては戦後の1950年、県内初のステーキハウスが市内にできた歴史がある。當山組合長は「ステーキ発祥の町という歴史を守り、復帰50年に町の活性化につなげていきたい」と話した。

 毎月29日を「肉のぐすーじさびら」(肉のお祝いをしましょう)として、組合員を中心に各店舗などで肉を食べるイベントを開催する。来年の11月29日にはピザハウスなど、沖縄市で誕生した店の味を市内で楽しめる企画を予定している。

 セレモニーに出席した桑江朝千夫市長は「ステーキ発祥の地を誇りに思う」と宣言を喜んだ。

 セレモニーでは、組合員がその場でステーキを焼いて販売。訪れた市民らがコザの味を楽しんだ。