【宜野湾】米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイから金属製の水筒が住宅地に落下した事故で、在沖米海兵隊政務外交部長のニール・オーウェンズ大佐は29日、水筒の落下場所は同飛行場内とみて米軍側は捜索したが、見つからなかったため、日本側に通報しなかったと釈明した。事故に抗議するためキャンプ瑞慶覧を訪れた松川正則宜野湾市長に説明した。

米軍普天間飛行場(資料写真)

 米側から日本側に通報はなく、発生翌朝に宜野湾市が沖縄防衛局に問い合わせて初めて表面化した。大佐は「連絡が遅れて申し訳ない」と陳謝したという。

 落下当時、本来閉まっているべき機体のハッチが開いており、さらに「持ち物は全て固定する」という手順が守られていなかったため、水筒が落ちたという。乗組員が水筒を固定しようとしたかどうかは確認中。大佐は、水筒の中身は水だと説明したという。松川市長は「落下物は人命に関わる。あってはならないことだ」と記者団に話した。