人気バンド「King Gnu」が10月15日、新曲「BOY」のミュージックビデオ(MV)をYouTubeで公開した。11月29日午前10時現在、再生回数は1500万回を超えている。

MV撮影後の記念撮影で子役の子どもたちやスタッフらと笑顔を見せるOSRINさん(前列右端)=10月、沖縄市内(提供)

King Gnuの新曲「BOY」のサムネイル画像(アリオラジャパン提供)

MVの冒頭や、クライマックスのシーンなどで使われた銀天街の路地裏=11月25日午前11時14分、沖縄市照屋

King Gnuの井口理さんの幼少期をモデルにした子役(中央)に演技指導するOSRINさん(右端)=10月、沖縄市照屋(提供)

12月1日には「BOY」をCDシングルとしても発売するKing Gnu(アリオラジャパン提供)

MV撮影後の記念撮影で子役の子どもたちやスタッフらと笑顔を見せるOSRINさん(前列右端)=10月、沖縄市内(提供) King Gnuの新曲「BOY」のサムネイル画像(アリオラジャパン提供) MVの冒頭や、クライマックスのシーンなどで使われた銀天街の路地裏=11月25日午前11時14分、沖縄市照屋
King Gnuの井口理さんの幼少期をモデルにした子役(中央)に演技指導するOSRINさん(右端)=10月、沖縄市照屋(提供) 12月1日には「BOY」をCDシングルとしても発売するKing Gnu(アリオラジャパン提供)

 MV内で登場する子どもたちが駆け回る舞台となっている場所が、沖縄県沖縄市照屋にある老舗商店街「銀天街」だ。国内のアーティストの中でも高い人気を誇るKing Gnuの今回のMVは、どのような経緯や思いで銀天街で撮影されたのか。