萩生田光一経済産業相は30日、閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現に関連し、国内のスポーツや文化イベント、修学旅行などは「冷静に、当面注視しながら萎縮しないようにやっていこうということを(関係閣僚の間で)確認した」と述べた。

 同日開いた閣僚懇談会の後に後藤茂之厚生労働相ら関係閣僚が残って確認したと説明、「ややもすればこういう事態の時にあらゆる経済活動が止まってしまう」とした上で「せっかく水際措置をした」とも語った。

 金子原二郎農相は、外国人の入国停止は農業現場などで働き手となる外国人技能実習生にも適用されると述べた。(共同通信)