日本一が決まると、村上は「半端ない重圧から解放された」と肩をふるわせて泣いた。初めての日本シリーズで4番打者として厳しくマークされながら第1、5戦では同点の場面で本塁打を放った。「2試合とも負けたから貢献できたかは分からない」と首を振るが、接戦でチームを鼓舞し、高津監督を胴上げした。