急発達する低気圧の影響で西・東日本の日本海側と北日本は2日にかけても大荒れの天気が続きそうだ。冬型の気圧配置が強まって北日本の山沿いを中心に大雪となる場所もありそうだ。気象庁は1日、暴風雪や暴風、雷や激しい突風、ひょうに警戒を呼び掛けた。

 間宮海峡の低気圧がオホーツク海に進み、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まる。東日本の日本海側は大気の状態が非常に不安定になる。

 2日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道23メートル(35メートル)、東北、北陸20メートル(30メートル)。また、波の高さは北海道、東北、北陸、近畿で6メートルの見込み。(共同通信)