東京都は1日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内2例目の感染と関連し、40人を超える濃厚接触者が確認されたと発表した。茨城県では、5人が感染が確認された20代男性と同じ飛行機に搭乗し、濃厚接触者とされた。岐阜県でも1人が県内在住と明らかにした。

 海外から到着し、検疫のスタッフ(手前中央)から必要書類や滞在地などの確認を受ける旅客=1日午後、成田空港

 茨城県によると5人は中東カタールのドーハからの便で感染者の男性と同乗し、11月27日に入国した。県は5人と連絡が取れ次第、県内の療養施設で隔離措置を取る。岐阜県在住の1人は、県が準備した宿泊施設に14日間滞在する。

 政府は、感染が確認された男性と同じ飛行機の乗客114人を濃厚接触者としている。(共同通信)