政府は1日、沖縄県名護市辺野古の新基地建設で「N2」と呼ばれる大浦湾側の新たな護岸から埋め立て土砂の陸揚げ作業を始めた。県が不承認とした軟弱地盤改良のための埋め立て変更申請の対象ではなく、政府は工事を進める考えを示していた。新基地の完成は見通せないが、既成事実化を図る狙いがある。