オリオンビール新社長の村野一氏(59)は1985年に大手総合電機メーカー「ソニー」に入社し、海外拠点の社長に就任後、出版社やシェービング製造会社など、さまざまな業種を渡り歩いてきた。

多業種を渡り歩いてきたオリオンビール新社長の村野一氏

 ソニーではシンガポール、インドネシア、タイなどの勤務を経て1994年、ソニーハンガリーを設立し、31歳で当時最年少の社長となった。その後、ソニーメキシコ社長などを務め、リコーイメージングに移籍。カメラ部門の営業・マーケティング・商品企画などを統括した。2015年にはイタリアの出版社の日本法人、ディアゴスティーニ・ジャパンに社長として入社し、アジア代表を兼務。18年からはシック・ジャパンに移り社長を務めた。

 オリオン社長就任の経緯は「沖縄に移住したい」と考えていた際に、スポンサーから声を掛けられ、面接をした上で決定したという。経営者像にこだわりをみせ「人の目標のために全力で応援するのが、いいリーダー」と語った。趣味はジョギングやゴルフ、温泉、観光など多彩。「家内と一緒に沖縄へ来た。娘二人と2歳の孫を溺愛している」と話す。

(関連)「面白い新商品をヒット商品に」オリオンビール新社長の村野氏、海外展開に意欲

(関連)社外取締役には日本マクドナルドの女性CMO 資生堂の元マーケティング部長