宮内庁は2日付で、来年の新年一般参賀について、新型コロナウイルス禍を考慮し、今年に続いて2年連続で中止すると発表した。限られた場所に多くの人が密集することなどが理由で、代わりに天皇陛下による国民に向けたビデオメッセージを検討中という。