室蘭工業大学と大阪府立大学で超小型衛星「ひろがり」の開発に携わった教員・学生による運用報告会を実施

2021年12月2日
国立大学法人室蘭工業大学

 
報道関係各位

ついにミッション達成!超小型衛星「ひろがり」運用報告会を実施

 
室蘭工業大学(学長:空閑 良壽)航空宇宙機システム研究センター(センター長:内海 政春)と大阪府立大学(学長:辰巳砂 昌弘)小型宇宙機システム研究センター(センター長:小木曽 望)が共同開発をおこなった超小型人工衛星「ひろがり」の運用報告会を12月6日(月)に実施いたします。
「ひろがり」は、2021年2月21日にNASAワロップス飛行施設(アメリカ合衆国)から国際宇宙ステーションへ打上げられ、同年3月14日(日)午後8時20分ごろに、国際宇宙ステーションの小型衛星放出機構J-SSODから放出されてから、約半年間に全てのミッションを達成し、現在も順調に運用を行っております。
つきましては、本件について、開発に携わった教員・学生による運用報告会を下記日程で開催いたします。これまでの運用の成果だけではなく、室蘭工業大学ならびに大阪府立大学の卒業生からの「ひろがり」へのメッセージビデオの公開も予定しています。
この件についての記事の掲載及び報道について、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。

■日 時: 令和3年12月6日(月)15時00分~16時00分(予定)
■場 所: 室蘭工業大学 本部棟3階 大会議室
■出 席 者:
 会場での参加
 室蘭工業大学 航空宇宙機システム研究センター長 内海 政春
 室蘭工業大学大学院 生産システム工学系専攻 博士前期課程2年 Ang Yi Yong
 室蘭工業大学大学院 生産システム工学系専攻 博士前期課程2年 長 飛洋
 
 オンラインでの参加
 室蘭工業大学 特任教授 樋口 健
 香川大学 創造工学部 准教授 勝又 暢久
 名古屋大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士前期課程1年 佐藤 伸成
 大阪府立大学 小型宇宙機システム研究センター長 小木曽 望
 大阪府立大学大学院 工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 博士前期課程1年 仲瀬 寛輝
 大阪府立大学大学院 工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 博士前期課程2年 山田 将史
 大阪府立大学大学院 工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 博士前期課程2年 前田 陽生
 大阪府立大学大学院 工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 博士前期課程2年 長澤 恒聖
 大阪府立大学 工学域 電気電子系学類 情報工学課程4年 森瀧 瑞希

■プログラム
 ・15:00~15:05 ごあいさつ・出席者紹介
 ・15:05~15:30 学生による超小型衛星「ひろがり」の運用結果報告
 ・15:30~15:35 室蘭工業大学・大阪府立大学の卒業生による「ひろがり」へのメッセージビデオ
 ・15:35~16:00 質疑応答

 
【超小型衛星「ひろがり」について】
「ひろがり」は、2Uサイズ(幅10㎝×奥行10㎝×高さ20㎝)の超小型衛星で、新規展開構造物、アマチュア無線帯(VHF)での高速通信技術の軌道上での有用性を実証するため共同開発されました。
室蘭工業大学 航空宇宙機システム研究センターがミッション部分(ミウラ折り展開構造)、大阪府立大学 小型宇宙機システム研究センターがバス機器の開発を担当しました。


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202112014162-O1-VhgYU8Yx

 
この件について取材をご希望される方は、事前にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

 

超小型衛星「ひろがり」

提供: