SACO最終報告には、嘉手納基地や普天間飛行場での騒音軽減も盛り込まれているが、形骸化している。  普天間飛行場では「夜間飛行訓練の運用を制限する」とされているが、「米軍の運用上の即応態勢と両立する範囲内で、最大限可能な限り」との前置きがあり、米軍は必要な訓練として強行している。