かつて母親の聖子は幼い自分を捨てて家を去った―。以来、幸せとは言い難い人生を送ってきた千鶴はある日、聖子の同居人だという若い女性に出会う。強引に連れて行かれた彼女らの住まいにいたのは、記憶とは印象が...