那覇地検沖縄支部は2日、沖縄市の産婦人科医院で20代女性にわいせつな行為をしたとして、同院院長(53)=診療報酬を巡る詐欺罪で起訴=を強制わいせつの罪で追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、被告は昨年8月23日、同医院内で被害女性に対して、ストレッチ体操を口実にわいせつな行為をしようと考え、着衣の上から両胸を数回もむなどしたとされる。

(関連)「カルテ書き換えろ」院長の不正、長年横行か 開業9年で100人以上が辞職