沖縄銀行の親会社おきなわフィナンシャルグループ(山城正保社長)は11月30日の取締役会で、50万株を上限とする自己株式の取得を決めた。株主還元が目的。  取得期間は12月1日から2022年3月24日までで、取得価格の上限額は10億円。