琉球大学病院が11月、膵臓(すいぞう)移植実施施設に認定された。国内で19施設目で、県内では初。脳死した人から提供された膵臓を移植できるようになる。第一外科の高槻光寿教授は「県内で治療を完結できれば移動などの負担が少なく、細やかな術後ケアも受けられる。