世界陸連は1日、モナコで理事会を開き、組織的なドーピングでロシア陸連に資格停止処分を科している問題で、来年に開かれる世界選手権(7月・米オレゴン州)などの主要国際大会では、潔白を証明したロシア選手を個人資格の「中立選手」として、20人まで参加を認めることを承認した。