【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、同国保健当局は2日、南アフリカから先月26日にオランダの空港に到着後に新型コロナウイルス感染が確認された約60人の9割がワクチン接種済みだったと明らかにした。接種の有無にかかわらず、搭乗前にコロナ検査を行うべきだとの声が強まりそうだ。

 当局は先月26日に到着した航空便2便の搭乗者のうち約60人が陽性だったと27日に発表し、陽性者をホテルに隔離。その後、約60人のうち14人が新たな変異株「オミクロン株」に感染していたことが確認された。14人は全員がワクチン接種済みだったという。(共同通信)