衆院選茨城6区で再選を果たした自民党の国光文乃衆院議員(42)が選挙期間中、フェイスブック(FB)に自身の氏名を記して活動をPRする有料インターネット広告を出していたことが3日、分かった。公選法は選挙中、候補者個人が有料ネット広告を出すことを禁じている。