北京冬季五輪は、日本勢の活躍が注目されるフィギュアスケート男子、スノーボード男子ハーフパイプともに、前回平昌大会で新境地を開いた4回転技の多彩さと精度をどれだけ高められるかが金メダルへの鍵を握りそうだ。