【東京】松野博一官房長官は3日の記者会見で、うるま市内の米陸軍貯油施設からPFAS(ピーファス)を含む汚水が漏出した事故で、県と政府、米軍の3者が事故後に実施した調査の結果が公表されていないことに関し「米側の意向で公表を控えているとの事実はないと承知している」と述べた。