日本シリーズJTカップ第3日(4日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)43歳の谷原秀人が4打差3位から6バーディー、ボギーなしの64で回り通算11アンダー、199で首位に立った。池村寛世も64をマークし1打差の2位。

 第3日、7番でティーショットを放つ谷原秀人。通算11アンダーで首位=東京よみうりCC

 宮里優作が通算8アンダーで3位。賞金ランキング4位の星野陸也は7アンダーで岩田寛とともに4位につけた。賞金3位の金谷拓実は5アンダーで7位。賞金トップのチャン・キム(米国)は連日の67で2アンダーとして14位に上がった。(出場30選手=アマ1、晴れ、気温13・1度、北北東の風1・5メートル、観衆1599人)(共同通信)