玉城デニー知事は4日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれた県民大行動に初めて参加し、新基地建設に伴う軟弱地盤の改良工事に向けた埋め立て変更申請を不承認としたことを改めて報告した。

埋め立て変更申請の不承認を報告し、団結を訴える玉城デニー知事=4日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 集会の冒頭であいさつした知事は、不承認の時期について「県の土木建築部や環境部が細部にわたり丁寧に審査したため、ここまで時間を要した。変更承認申請に正当な理由が認められないということがはっきりとした段階で、皆さんに発表した」と説明した。

 大浦湾の埋め立ては「軟弱地盤があると分かっていたにもかかわらず、見切り発車で始まった不法な埋め立てだ」と国を批判。「本来は(国は)その時点で工事を止めて状況を調査し、ジュゴンの水中音についても調べるべきだった」と指摘した。

 基地のない平和な沖縄を目指し、県民と協力する意思は決して揺るがないと述べ、「国はあらゆる手段を使って辺野古の埋め立てを進めようとするだろうが、国の横暴に負けてはいけない。一致団結して行動していきましょう」と呼び掛けた。