プロバスケットボール男子Bリーグ1部西地区首位の琉球ゴールデンキングスは5日、沖縄アリーナで第16戦を行い、同地区9位の富山グラウジーズを80―69で破った。3連勝で通算成績は13勝3敗で首位のまま。

キングス-富山 第1Q、ゴール下へ切り込むキングスのコー・フリッピン=沖縄アリーナ(小宮健撮影)

 第1Q(クオーター)、アレン・ダーラムのゴール下などで得点したが富山も3点シュートで反撃し、19―21。第2Qはドウェイン・エバンスがダンクやアリウープを豪快に決め、41―31と逆転に成功した。

 第3Qはジャック・クーリーが攻撃リバウンドをもぎ取って得点を重ね、終了間際に並里成が3点シュートを沈めて65―45と突き放した。第4Qは中盤までに24点差を離したが終盤に追い上げられ、11点差で逃げ切った。

 次戦は11、12の両日、ブレックスアリーナ宇都宮で宇都宮ブレックスと戦う。