[NIE 新聞ちょきちょき]

県新聞スクラップコンテストで表彰された児童・生徒たち=5日、那覇市久茂地・タイムスホール

 第11回沖縄県新聞スクラップコンテスト(主催・沖縄タイムス社)の表彰式が5日、那覇市久茂地のタイムスホールで開かれた。県知事賞と県PTA連合会会長賞、沖縄タイムス社社長賞を受賞した県内の小中高校生35人と、県NIE推進協議会会長賞(学校賞)の3校が表彰された。3179点の応募があった。

 受賞者を代表して、本紙社説とコラム「大弦小弦」を分析し、意見と感想をまとめた榮野川葉美(はゆみ)さん(沖縄カトリック高1年)は「豊富な知識や確かな情報、さまざまな経験から論じられている記事を理解することが、社会を見る目を培う第一歩。新聞スクラップの経験が人生で大きな力になると信じている」と表情を引き締めた。

 沖縄タイムス社の武富和彦社長は「着眼点を含め、若い新鮮な感性が伝わった」と受賞者をたたえ、「新聞を活用して知識や会話を増やし、行動につなげてほしい。新聞は皆さんを手助けする良きパートナーでありたい」と望んだ。