○…うるま市昆布の米陸軍貯油施設から高濃度の有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が検出されたとの本紙報道を受け、開会中の県議会代表質問で即座に反応した平良昭一県議(おきなわ、国頭郡区)。調査結果が約5カ月も公表されず、足かせとなっている環境補足協定に対し「協定の意味がない」と県執行部を追及。