琉球大学(沖縄県)は6日、難病などの治療に必要な「再生医療等製品」の原料であるヒトの組織を製薬企業に適切に提供するため、ヒト組織の産業利用を倫理面から審査する専門組織「産業利用倫理審査委員会」を国内で初めて整備したと発表した。同委員会の審査の下、琉大は既にロート製薬へのヒト組織提供を始めており、今後製薬企業への組織提供が円滑に進めば、再生医療製品の開発が加速すると期待されるという。

 難病などの治療に不可欠な「再生医療等製品」は、脂肪やさい帯、骨髄などのヒトの組織を原料にしている。しかし、製薬会社が...