【東京】岸田文雄首相は6日に召集された臨時国会で所信表明演説を行い、今後の沖縄振興に関して「強い沖縄経済をつくる」との考えを表明した。岸田氏が首相就任後、所信表明を含む公の場で沖縄振興について見解を示したのは初めて。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を推進する意向も重ねて強調した。