やんばるで久しぶりの山歩きを楽しんだ。草木の香りが鼻腔をくすぐる。鳥の鳴き声、川の水音が耳に響く。自然が織りなす様々な音を聞き、生き物の気配を感じながら歩いた▼緑に包まれた遊歩道の先に白い物体を見つけた。何だろう、と歩を進めて分かった。誰かが落とした不織布マスク。鼻や口を覆った形のままだ。